キャリアアップとしての転職

キャリアアップとして「転職」を考えている皆さんが、応募する企業から良い返事がもらえないことについてがっかりされるお気持ちはあるかもしれませんが、採用を見送られたからといって落ち込んでいても何も現状は変わりません。今ある皆さんの現状の価値を見出しながら、皆さん自身をありのまま受け入れるということも次のステップに進むための成長であるかもしれません。

転職がうまくいかない人々の傾向としては、結果が出ないことに焦ってしまい、あれやこれやと手当たり次第に求人募集の出ている企業に書類作成をしているうちに、自分自身がキャリアアップのために転職を行っていたはずの目的ではなく、採用通知をもらうための転職に切り替わっているということはありませんか。キャリアアップをするための転職であったはずが、いつの間にか採用通知を頂くための転職に切り替わってしまっては、採用通知が届いたからといっても何の意味も成さなくなってしまうはずです。

なかなか決まらない転職は、もしかしたら今は待てのサインであるのだな、というような余裕をもって今の自分の現状を受け止められる自分自身こそキャリアアップのための成長のカギを握っているのかもしれませんよ。

その決断が明日への一歩!のトップページへ