愛犬の健康管理

愛犬の健康管理において、他の犬たちとの接触についても注意を促さなければなりません。もちろん、犬たちにとって、他の犬との接触は、社会化を促す上で、大切な要素であると考えられていますが、それは健康な犬に限っての事とも言えます。

不健康な犬との無闇な接触は、思わぬ感染症などの感染源となり兼ねません。また、ノミやダニ、蚊などが、犬たちの感染症を介することもあります。場合によっては、人間にうつるような事もあるようです。

散歩中でのリスクもありますが、室内においても、家族の誰かしらが室内に持ち込んでしまうこともあります。何よりも大切な事は、ワクチンなどによる予防対策であると言われていますので、飼い主としての、愛犬の健康管理は、必然として行わなくてはなりません。

万が一、愛犬が何かの感染症を起こしている可能性があるような場合は、他の犬との接触はNGです。そのような症状や可能性があるような場合は、早めの獣医への受診が必要となります。

「愛犬家って名乗れますか?」ページトップへ