犬と人間の社会的な暮らし

犬たちのとの暮らしの中で、ただ規則正しく過ごしていれば、彼らは満足するかと言いますと、そうではない部分があります。彼らとの日課となる遊びなや散歩の中でも、サプライズとして、いつものとは異なる犬用品や犬のおもちゃを用意してみたり、大きなトラブルをみせないようであれば、通常とは異なる散歩の道順へエスコートしてみたり、たまには、リードを外してドッグランなどで、自由にかけ回るような日常の変化も必要としているのです。人間も、毎規則正しい生活の中に、様々なイベントごとや、サプライズがある事で、物事の変化を感じてみたり、異なった環境でのコミュニケーションを学んだり、順応性などを身につけていくものなのです。1人、一匹では生きていけない、犬と人間の暮らしは、社会性、社会化の中に営みがあることを知り得ていかなくてはなりません。そのような、社会性のなる暮らしを犬たちの環境として整えていかなくてはならない事も、飼い主としての役割であると考えられています。