愛犬の病院選び

愛犬の病院を選ぶ基準として、住居からほど近いからという理由をあげる飼い主さんは、とくに多いようです。

動物病院は、ドクターの技術や病院に設置された設備によって、扱うことができる治療や対応が大幅に異なってきます。いざという時の為に、納得のいく治療が行える環境であるかの確認は必要です。

動物病院は、愛犬の予防接種や健康診断などを定期的に受ける為に通院する他に、しつけの相談や、食事に関するアドバイスやなどの日常に関する相談や、急病の際の緊急時などにお世話になる、大変重要なパートナーとなります。

受診する動物病院が自宅から近いことは、飼い主さんにとって大きなメリットとなりますが、愛犬自身のメリットをきちんと把握した上での病院選びも大切なポイントとなります。

皆さん自身が、体調を崩した際に、病院を選びについて考える理由と、愛犬の動物病院を選択する際の理由を比較してみましょう。なによりも信頼できる病院選びと、万が一にどのような対応が可能な病院なのかを、事前に出来る限り把握しておきましょう。

狂犬病の予防接種について

狂犬病の予防注射は、年1回の接種が国の法律によって義務づけられています。

狂犬病は、人や他の動物にも感染する感染症です。狂犬病は、ウィルスが末梢神経に侵入し、神経症状を起こします。症状が起ると凶暴化する良事もあり、自分以外の動物に噛みつく事で、感染が拡大します。

日本では、法律によって狂犬病の予防接種が義務付けられていますが、海外などで見知らぬ犬などに、むやみに触れたり接触することは危険な行為でもあるのです。

感染症の感染を予防するワクチンの接種は、犬たちにとって大変大切なことなのです。また、感染症は、他の犬たちとの接触によって起るものです。ドッグランや、ドッグカフェなど、他の犬たちの中に、感染症を発症している犬がいることで、感染に至るケースもあります。

定期的に受診している動物病院などから、地域の感染症に関する情報や、ワクチンの種類などの最新情報を受け取れるような繋がりを築いておくと良いでしょう。

愛犬とフィラリア症

フィラリア症は日本中において、感染のリスクはあります。

愛犬の飼い主としての対策は、予防を行うという事になります。動物病院でドクターの診察を受けた上で、予防対策を行いましょう。

予防としては、飲み薬タイプや、注射、皮膚へ浸透させるリキッドタイプなどがあるようですが、投薬前に、愛犬への感染がないかどうかの検査が必要なようです。

フィラリア症は、感染症を起こしている犬の血液を吸った蚊が、愛犬の血液を吸う事で、フィラリアの幼虫が体内に入り込んでしまう感染症です。

あらゆる場所での感染リスクはありますが、予防する事で感染は防ぐ事ができますので、飼い主さんの健康管理が愛犬を守ると考えて良いでしょう。

フィラリア症に感染した犬たちの症状は様々です。呼吸器系の症状があらわれたり、場合によっては失神するようなケースもあるようです。

フィラリアの寄生虫は、大き目の寄生虫ですので、手術で寄生虫を駆除したりする事もあるようです。